シルキーカバーオイルブロック 危険

シルキーカバーオイルブロックの危険性の理由は?

MENU

シルキーカバーオイルブロックの危険性の理由はシリコンにあり!

シルキーカバーオイルブロックは凸凹毛穴や毛穴の黒ずみを一瞬で消してくれる
とても優秀な化粧下地ですが、その配合成分をしっかり見たことがありますか?
公式サイトでは保湿成分や植物由来成分を表立って取り上げていますが
実際のシルキーカバーオイルブロックの箱に記載されている成分は以下の通りです。

ジメチコン、シクロペンタシロキサン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、アクリレーツクロスポリマー、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、トリメチルシロキシケイ酸、イソノナン酸イソノニル、ジメチルシリル化シリカ、セリシン、アーチチョーク葉エキス、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、ヒアルロン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ポリクオタニウム-51、エタノール、水、ヒドロキシプロピルキトサン、フェノキシエタノール、カルボキシメチルキチン、BG

 

実に全成分の半分以上はシリコンなんです。
『シリコン』と聞いただけでドン引きする人もいるかもしれませんね。
それだけ近年はノンシリコンシャンプーの登場でシリコン嫌いになっている人が多いです。
ではこのノンシリコン、どんな効果・効能があるのか説明することができますか?

 

実はこのシリコン、とても優秀な成分でメイク用品などにも頻繁に使用されています。
シリコンが毛穴を塞いで皮膚呼吸ができなくなる、とか一部では言われていますが
そもそも人間は皮膚呼吸しませんから!
シリコンが毛穴から皮膚内に浸透することもありません。
世間一般の消費者はシリコンの悪評に踊らされているだけなんです。

 

使い方さえ間違えなければ危険性は全くありません。
逆に正しい使い方をすることでシリコンのものすごい恩恵を受けることができるので
シリコン嫌いのあなたもぜひ最後までお読みください。

 

シリコンの安全性と正しい使い方

 

シリコンは厚生労働省にも認可されている安全性の高い成分で
水や汗にも強く非常に安定性がある成分です。
ちょっとした摩擦などにも負けず、つけた部分にしっかりとしがみついているイメージですね。

 

もしシリコンに毒性があるならとっくの昔に厚生労働省から認可を外されているでしょうし
あれだけ話題になったシリコンスチーマーなども毒性があるってことになります。
だけど今や、お弁当のアルミカップさえシリコンになりつつあります。
おたまやフライ返しなどの調理器具もシリコン流行りです。

 

シリコンに毒性があるなら顔に塗布する化粧品よりも直接口に入る調理器具の方が
よっぽど脅威に感じないとおかしいですよね?

 

シリコンが配合されているシルキーカバーオイルブロックも
つけるとメイク崩れしなかったり、皮脂をコントロールすることが可能になります。
これらはすべてシリコンのおかげなんですね。

 

このシリコン入りのシルキーカバーオイルブロックを使用する際に一番重要なのは
しっかりとクレンジングすること!です。
これはファンデーションをつける、つけないに限らず
シルキーカバーオイルブロックを塗布したら必ず行うようにしましょう。

 

なぜならシリコンは鉱物由来の成分なので油分は油分で落とすことが可能だからです。
(一応お伝えしますがメイク用品はそのほとんどが鉱物由来です)
要はシルキーカバーオイルブロックもメイク用品と同じ扱いをするようにしましょうってことです。

 

シルキーカバーオイルブロックを使用して皮膚にシリコンが付着しても
クレンジングでしっかりと除去することができますので
いつまでも皮膚についていることもないですし、まして堆積していくこともありません。

 

シルキーカバーオイルブロックはクレンジングとセットで使っていくことを肝に銘じることで
化粧崩れを防ぎ、毛穴レスの陶器肌を手に入れることが初めて可能になり安心して使用することができるのです。

 

>>初回は最大30%オフ!シルキーカバーオイルブロック<<

 

 

シリコンの歴史

 

数十年前、シリコンはシャンプー類にガンガン使用されていました。
サラサラと手触りがよくなることを売りにしたシャンプーは爆発的に売れましたが
その後、美容師などから

 

チェック シャンプーしても油分が取れない
チェック パーマはかかりにくくカラーは染まりにくい

 

という噂が相次ぎました。
噂が噂を呼び、果ては『経皮毒』とまで言われたシリコンは今じゃ嫌われ者。
調理器具には使われまくっているのにまったく不可思議な現象です。

 

確かに油分じゃないと落とすことができないシリコンをシャンプーに含有させてしまったら
どんどん蓄積する一方ですからね。これじゃパーマだってかかりにくくなります。

 

現在ではノンシリコンシャンプーが主流になってきていますが
そもそもシャンプーに配合したこと自体、間違いだったような気がします。
シャンプーは汚れを落とすものであって、皮膜を作るものではありませんから。

 

化粧品(主にメイク用品)には変わらず配合されているシリコンですが
これが叩かれないのも不思議です。

 

これをお読みのあなたはシリコンに対するしっかりとした知識をもって
安全に正しくシリコンを利用してください。

 

シルキーカバーオイルブロック